まったり進めるFF XIVライフ

FF XIVに関する事や、その他興味があることなど
2017/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/10
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずPSP

さて、ブログのソースいじりに2日ほど費やしてみましたが、普通のサイトより面倒というのが感想(ぉ
まぁブログ自体はじめてなのでいろいろと試していこうと思います。

さて今日はブログの名前にもいれたPSPについて。
CFW(カスタームファームウェア)というものをご存知でしょうか? いや今更ですが。
要は通常のSONYが作成してるFW(ファームウェア)と同機能+αの機能をもったものなんですが。
この「+α」というのを簡単に書くと、

1.PSP用に開発されたユーザーメイドのソフトが動く。
2.UMDをイメージ化したファイルをメモリースティックから起動できる。
3.各種プラグインが使用できる。
4.CPU速度を自由に調整できる。

などがあります。

 この1のソフトというのはファミコン等のエミュレーターが有名ですが、オイラは青空文庫のリーダーや、ファイル管理ソフトなどを愛用させて頂いてます。
 2ですが、これがすごい便利! UMDはディスクですからどうしてもローディングに時間がかかります。ところがイメージ化してメモリースティックに入れるとこれが超高速に! しかもUMDを使わないということでバッテリーが断然長持ちします。
 ちなみにどれくらい高速化するかというと、PSP-1000でMHP2ndGをやるとメモリが倍増してるPSP-2000と同じくらい高速です。どうやって計測したかというと、AというエリアからBというエリアに入り、同じタイミングでAエリアに戻った時(この時前進しっぱなし)肩をならべて走っていたので同速度と言えると判断しました。メディアインストールすると更に高速で快適です(^^
 3はスクリーンショットが取れたり、PCに接続して画面を外部出力できたり(PSP-1000は通常外部出力できません)、ゲームのデータがいじれたりするようです。
 4ですが、これはXMB(PSPのメニュー画面)とゲーム使用時のCPU速度を自由に調整できます。たとえばXMBの速度を100MHzくらいに落として音楽を聴く時はバッテリーへの負担を減らし、逆にゲーム使用時はクロックを上げて処理落ちがないようにする(ことができるかも)とかですね。旅行の時に重宝します。

 とりあえず思いつくだけでこれだけ機能があります。
 いろいろいじるのが好きな人には面白いツールだと思います。

 ただし、CFWはSONYが推奨していないものです。導入するのにそれなりの環境か、機材が必要となりますが、いわゆるグレーゾーンのものであることと導入は完全な自己責任であることはご注意ください。

 さて次回はCFWの導入についてにしようか、それともマビの記事にしようかな…。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://mirrer00.blog90.fc2.com/tb.php/3-58377ed7
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。